第一日 | 第二日 | 第三日 | 行程山小屋ガイド | MAP

迫力満点、槍と一騎打ち

樅沢岳の下りからご来光間近な槍ケ岳
 5時、双六小屋をあとに、槍ケ岳へと向かう。
樅沢岳へは初めジグザグの急坂を登り、やがて緩やかになって展望のよい山頂にでる。樅沢岳を下り始めた頃、北鎌尾根の北の方からご来光が昇りはじめ、急いでカメラをセッティング。

 右腹をトラバースして硫黄尾根が見渡せるポイントに出る。前方下に残雪があり、これに映えて槍ヶ岳がひときわ美しい。しかし写真を撮るには逆光になり撮影をあきらめる。気分のよい明るい尾根を行き、小ピークを二つ巻いて硫黄沢乗越へと下る。乗越付近は花の多い所で小広い平坦地になっている。

 左俣岳の先からいよいよ西鎌尾根の名にふさわしい急峻な岩稜となる。左右に小さい岩峰を絡みながら登ってゆくと千丈沢乗越に出る。槍の穂先が頭上に迫ってくる。飛騨沢源頭のガレた急斜面を落石に注意しながらゆっくりと登り、頭上にニセ槍の岩峰を見てジグザグを繰り返す。やがて槍ヶ岳の肩から出ている岩稜の端に出る。槍ヶ岳は左頭上に小槍を従えて、そそり立っている。もう槍ヶ岳の肩は近い。今回の山行の終演に近づいた。

 11時、槍ケ岳山荘に着く。少し早い昼食をとり、ヒュッテ大槍へ下る。今日はここでドポン。明日は、槍沢を下って上高地へ向かう。
双六小屋
鷲羽、樅沢、左俣岳 を振り返る 千丈沢乗越から ニセ槍、槍ケ岳