・グラデーションをつける。
 描画色を設定。
 ・カラーパレットの「C」→25。
 ・「M」→5。
 ・「Y」、「K」→0。(図1)

 グラデーションツールの設定。
 ・ツールパレットの「グラデーションツール(G)」を選択。
  ※ツールパレットの「塗りつぶしツール」を長くクリックすると、
   横にプルダウンメニューが現れます。(図2)

 ・図3の「▼」をクリック、プルダウンメニューから、描画色から
  透明。(図3)

 ・メニューバー下の「画像モード」→乗算。
 ・「不透明度」→100。(図4)

 ※5.xのバージョン
 ・「線形グラデーションツールオプション」パレットの
  「描画モード」→乗算。
 ・「グラデーション」→描画色から透明に。(図5−5.x)

 ・図6の赤矢印の様に右下から左上に向かってドラッグし、
  任意の位置ではなす。
 ・図7が出来上がったグラデーション。
図1


図2


図3


図4


図5−5.x


図6
図7
・サイズの変更。
 ※「画像解像度」と「画像サイズ」をよく間違えます。
  ここては、「画像サイズ」の変更で上と右の不要部分を消す。
  また、画像を選択し、切り抜きをする方法もあります。

 ・メニューバーの「イメージ()」→「画像サイズ」。
 ・画像サイズパレットに「幅」→9.8。
  「高さ」→14.8。
  「アンカー」→左下を選択。
  「OK」をクリック。(図8)

 ・「続行」をクリック。(図9)

 ・図10の様に不要部分が無くなります。


イラストの完成です。
 ・仕上がったイラストを保存します。「CTRL」+「S」
図8

図9

図10

・Web用に保存します。
 ・メニューバーの「ファイル()」→「Web用に保存」。(図11)

 ・Web用に保存ダイアログ「設定」の下にあるプルダウンメ
  ニューから「JPEG」を選択。
  その下のプルダウンメニューから「標準」を選択。(図12−@)

 ・「2アップ」をクリックすると、元画像と書き出される画像が、
  表示されます。(図12−A)

 ・図12−Bに表示される画像サイズを参考にして、
  このままでよい時は、「OK」をクリック。

 ・ここでは、もう少し小さなサイズにします。
 ・「画像」をクリックする。(図13−@)
 ・「変更後のファイルサイズ」の「%」→80。(図13−A)
 ・「適用」をクリック。(図13−B)

 ・再編集された画像が表示されます。
 ・画像のファイル容量を確認し、良ければ「OK」をクリック。

 ・保存先のダイアログが表示されます。
 ・任意のホルダへ、任意の名前で保存します。
  ※ファイル名は、必ず英数半角で。
図11
図12 図13
お疲れさまでした。