Lesson 4
●背景用のイラスト作成

Lesson 3で完成したイラストに合成する新たなイラストを作成する。
ここでは、Lesson 2、3と同じ様なテクニックで仕上げます。
ベースとなる写真をです。→「apple01.jpg」
 ・画像の上で右クリックして、画像を保存してください。
 ・保存した「apple01.jpg」をPhotoshopで開く。




作業を途中で終了したいときは。
 Photoshop形式「PSD」で保存して下さい。
 次回ファイルを開くと、終了した状態のまま起動します。
・リンゴのパスをつくる。

 ・「ズームツール()」作業し易い大きさまで拡大します。
  ※画面にバスパレットがない場合は、「ウインドウ()」→
    「パスを表示」をクリック。

 ・ツールボックスの「ペンツール(P)」を選択。
 ・リンゴをパスで囲みます。
  (Lesson 1の「・ペンツールでパスの練習」を参照)
 ・パスが完成。(図2)

 ・パスの保存します。(図3)
 ・「バス名」→パス1。
 ・「OK}をクリック。
図1

図2
図3
 パスの選択範囲を作成。
 ・パスパレット「パスの選択範囲」ボタンをクリック。(図4)

 背景の複製をつくる。
 ・レイヤーイヤーパレットの「背景」をドラッグして「新規レイヤー」
  にドロップする。
 ・「背景のコピー」が追加されます。(図5)

・フィルターを使って色階調を単純化。
 ・「フィルター()」→アーティスティック」→「カットアウト」を
  選択。
 ・カットアウトパレットの「レベル数」→8。
 ・「エッジの単純さ」→1。
 ・「エッジの正確さ」→3。
   (数値で入力か、スライダをドラッグする)(図6)

 ・「OK」をクリック。
図4

図5
図6   図7 
・全体を鮮やかにする。
 明るさ・コントラストで鮮やかな色にする。
 ・「イメージ()」→「色調補正」→「明るさ・コントラスト」を選択。(図8)

 ・「明るさ・コントラスト」の明るさ→10。
  コントラスト→15。
 ・「OK」をクリック。(図9)
 ・修正後の色相。(図10)
図8 図9

図10
 新しくレイヤーを追加。
 ・レイヤーパレットの「新規レイヤー」ボタンをクリック。
 ・「レイヤー1」が追加。(図11)

 描画色を設定。
 ・カラーパレットの「C」、「M」、「Y」、「K」→0。(図12)

 塗りつぶしをする−方法1
 ・「ツールボックス」の「塗りつぶしツール(G)」を選択。
 ・選択した範囲の上でクリック。(図13)

 塗りつぶしをする−方法2
 ・「編集(E)}→「塗りつぶし()」
 ・塗りつぶしパレットが表示されます。
  「使用」→描画色
  「画像モード」→通常
  「不透明度」→100%
 ・「OK」をクリック。(図13)

 透明部分の保護
 ・レイヤーパレットの「ロック」(「透明部分の保護」)にチェックを
  入れる。(図14)
図11

図12

図13
図14