・繰り返し塗りつぶし作業をする。
 @選択レイヤーの変更。
 ・レイヤーパレット「レイヤー1」の表示ボタンを解除。 (図1−@)
 ・「背景のコピー」を選択。(図1−A)

 A新しく彩色する部分の選択。
 ・ツールボックスから「自動選択ツール(W)」
  現在の選択範囲の外で新たな範囲を選択。(図2−@)

 ・メニューバー「選択範囲()}→「近似色を選択」をクリック。
  (図3)
図1

図2
図3
 B塗りつぶしの色を選択。
 ・ツールパレットの「スポイトツール(I)」を選択。
 ・選択範囲内の色を選択。

 C選択レイヤーの変更。
 ・レイヤーパレットの「レイヤー1」をクリック。(図4−@)

 Dブラシツールで塗りつぶし。
 ・ツールパレットの「ブラシツール(B)」を選択。
 ・「ブラシの形状」、「不透明度」は前回の状態で利用します。

 ・選択された部分を重ね塗りしないよう全体を塗る。
  (図5−@、A)

 ・濃度のバランスを考慮して2度目、3度目の塗りつぶし。(図6)
図4
図5   図6 
 @〜Dを繰り返して新たな範囲を塗りつぶす。(図7〜14)
  メニューバーの「選択範囲()}→「近似色を選択」を実行するとグラスの範囲より外も選択されます。
  「レイヤー1」は「透明部分の保護」がされているため、色が塗られているグラス部分のみ色をつけることが出来ます。

図7   図8 

図9   図10 

図11   図12 

図13   図14