・イラストを描くレイヤーを作る。
 レイヤーの追加。
 ・レイヤーパレットの「背景のコピー」をクリック。(図1−@)
 ・「新規レイヤー」ボタンをクリック。(図1−A)
  レイヤー1が上に追加されます。
 ※「背景」が選択してあるときは、その上に追加されます。
  上に移動したいときは、移動するレイヤーをドラッグして移動。



 パスの選択範囲を作成。
 ・パスパレットの「パスの選択範囲」ボタンをクリック。(図2)
図1

図2
・追加レイヤーを塗る。
 レイヤー1でイラストを描きます。
 まず、グラスの部分の彩色から始めます。
 
 グラスの選択範囲を白で塗りつぶし、透明部分の保護機能を
 利用しグラスの中を彩色します。
 ・カラーパレットの「C」、「M」、「Y」、「K」→0。(図3)

 ・レイヤーパレットの「レイヤー1」をクリック。(図4−@)

 塗りつぶしをする−方法1
 ・「ツールボックス」の「塗りつぶしツール(G)」を選択。
 ・選択した範囲の上でクリック。

 塗りつぶしをする−方法2
 ・「編集(E)}→「塗りつぶし()」
 ・塗りつぶしパレットが表示されます。
  「使用」→描画色
  「画像モード」→通常
  「不透明度」→100%
 ・「OK」をクリック。(図5)
図5

図6
図3

図4
 透明部分を保護。
 ・レイヤーパレットの「ロック」にチェックを入れる。(図7)
  5.xのバージョンは、レイヤーパレットの「透明部分の保護」
  にチェックを入れる。
  ※この機能により透明部分には彩色できなくなります。

 ・レイヤーパレットの「表示」ボタンを外す。(図8−@)
  「レイヤー1」が隠れ「背景のコピー」のグラスの表示されます。
 ・「背景のコピー」をクリックして、選択します。(図8−A)

・彩色する部分の選択。
 ・ツールボックスから「自動選択ツール(W)」
 ・メニューバー下の「許容値」→10。(図9)

 ※5.xのバージョン。
 ・「ウインドウ()→「オプションパレットの表示」をクリック。
 ・「自動選択ツールオプションパレット」の
  「選択する色の範囲」→10。(図9−5.x)

 (現在選択範囲があるときは、選択の解除をして下さい。)

 ・グラスの一番黒い部分で、クリック。(図10)

 ・メニューバーの「選択範囲()}→「近似色を選択」をクリック。
  (図11→図12)
図7

図8

図9

図9−5.x

図10  図11 図12