Lesson 2

  お詫び
    Photoshop LEをご使用の方は、パス機能が利用できないため、この手法のイラストを描くことが困難です。


●イラストを描こう

基本的な機能を使ってイラストにチャレンジ。
ここでは、写真をベースに色の範囲を指定し、その部分をパステル調のイラストへと仕上げていきます。
この手法をマスターして、いろいろな写真をイラスト風に表現してください。

・ベースとして使用するファイルを、保存してください。→「aske01.jpg
 保存方法は、ファイル名の上で右クリックしてプルダウンメニューから保存を選択し、任意のホルダーに保存してください。

作業を途中で終了したいときは。
 Photoshop形式「PSD」で保存して下さい。
 次回ファイルを開くと、終了した状態のまま起動します。
・ファイルを開く。
 ・Photoshopを起動します。
 ・「ファイル()」→「開く(O
 ・保存先ホルダーから「sake01.jpg」を選択。
 ・「OK」をクリック。


・グラスのパスをつくる。
 ・「ズームツール()」作業し易い大きさまで拡大します。
 ・画面にバスパレットがない場合は、「ウインドウ()」→
  「パスを表示」をクリック。

 ・ツールボックスの「ペンツール(P)」を選択。
 ・図1−@を始点にバスを作ります。(図1)
  (Lesson 1の「・ペンツールでパスの練習」を参照)

 ・パスが完成。(図2)

 ・パスの保存します。(図3)

 ・「バス名」→パス1。(図4)
図1

図2
図3

図4
・レイヤーパレットの操作。
 ・画面にレイヤーパレットがない場合は、「ウインドウ()」→
  「レイヤーを表示」をクリック。

 複製をつくる。
 ・レイヤーパレットの「背景」を「新規レイヤー」ボタンに
  ドラッグ&ドロップ。
 ・「背景のコピー」が複製され追加。(図5) 

 ※「新規レイヤー」ボタンをクリックすると、透明のレイヤーが
  追加されます。
図5

・フィルターを使って色階調を単純化。
 ・「フィルター()」→アーティスティック」→「カットアウト」を
  選択。(図6)
 ・カットアウトパレットの「レベル数」→8。
 ・「エッジの単純さ」→1。
 ・「エッジの正確さ」→3。
   (数値で入力か、スライダをドラッグする)

 ・「OK」をクリック。(図7)
図6

図7