・ペンツールでパスの練習
 選択範囲の解除をする。
 ・「選択範囲()」→「選択の解除()」
  または、Ctrl+「D」。

 ・画面にバスパレットがない場合は、「ウインドウ()」→
  「パスを表示」をクリック。

 ・ツールボックスの「ズームツール(Z)」を選択し、
  円全体をを囲むように左上から右下へドラッグして
  画面を拡大表示します。

 円の境界に沿ってパスを描く。
 ・ツールボックスの「ペンツール(P)」を選択。
 ・境界の上でクリック。(図1−@)
 ・図1−Aの位置でパスの進行方向へドラッグして、
  パスラインが境界線に重なる位置で止める。(図1−B)

 ・図1−A、Bの作業を繰り返す。
 ・最後のアンカーポイントを作る。(図2−@)
 ・最初のアンカーポイント(図2−A)の上でクリックして、
  パスを閉じて完成。(図3)
図1
図2    図3 
・パスの保存とパスパレットの機能
 パスの保存をする。
 ・パスパレットの矢印ボタンをクリックして
  「パスを保存」を選択(図4)。

 ・「パスの保存」の「パス名」→円。(図5)
 ・「OK」をクリック。


 パスパレットの機能説明。(図6)
 ・@→パスの中を描画色で塗りつぶす。
  ※パスの塗りつぶしボタンをクリックする前に、
   ツールパレットで実行させたいツールを選択。
 ・A→パスの境界線を描画色で描く。
  ※パスの境界を描くボタンをクリックする前に、
   ツールパレットで実行させたいツールを選択。
 ・B→パスの選択範囲を作成。
 ・C→選択範囲された箇所をパスにする。
 ・D→新規パス。
 ・E→不要なパスを選択してクリックすると削除。
図4

図5

図6
・パスの修正
 ・パス作成中に修正を加えたいときは、「Ctrl」を押したま
  まアンカーポイントをドラッグして任意の位置までずらす。
  (図7−@)

 ・アンカーポイントの移動のみで修正出来ないときは、
 ・「Ctrl」を押したまま、ノードの先端のポイントを自由に
  移動して適切な位置を探します。(図7−A)

 パス作成を続けるために。
 ・修正作業の途中で、アンカーポイントが消えてパスの
  ライン表示になったときは、ライン上で「Ctrl」を押し、
  クリックをする。
 ・新しいアンカーポイントを作る前に、表示している、
  終わりのアンカーポイントをクリックします。
  この作業をしない場合は、パスが連結しません。
図7