第一日 | 第二日 | 第三日 | 行程山小屋ガイド | MAP

どしゃ降りの中、槍ケ岳へ

 一夜明けても雨は上がりそうになく、全員で今日の行動予定を話し合う。水俣乗越から槍沢へ下るグループと槍を目指すグループに分かれ、2日後に徳澤園で合流する予定に変更。

 7時30分全員に雨の中の水俣乗越への下降には充分注意するように促し、いざ下降開始。昨日からの雨で足止めをくった登山者で下り道は長蛇の列。長いハシゴや鎖場が多いので慎重に降り、特に落石やスリップを起こさないように、またすれちがいの際は安全な足場で待避する。下り切ってもうひとつピークを越えると水俣乗越に着く(9:00)。槍沢へ下る3名にとっては、ほとんどの登山者がエスケープルートを選択しため安心して下山ができるだろう。2日後の再会を約して2手に分かれる。雨は相変わらず降り続いているが、意を決しいよいよ東鎌尾根の登りにかかる。

 東鎌尾根とはいっても、すべて岩稜の険しい道ではく、必要以上に緊張しないで。ペンキ印を追いながら、ハシゴや鎖を頼りに、慎重に登る。小さなピークを幾つか越え、稜線の右寄りを絡みながら、徐々に高度を上げる。ダケカンバも消え、ハイマツと岩混じりの山腹をひと頑張りでヒュッテ大槍に着く(10:30)。

 小屋には登山客の姿が無く、私たち2名が本日の1番客のようであった。早々に本日の宿泊場所をここに決め、小屋のおやじさんの計らいで、乾燥用のストーブを用意していただき、雨で濡れた衣服を乾かす。午後になっても、雨は降り続く、登山客もまばらで、ほとんどが槍岳山荘へ向かうようである。2時を過ぎてから、宿泊客も増え、に賑わいを取り戻す、とはいっても客は、10名程度。この小屋を利用するのは今回が初だが、おやじさんや、スタッフの心のこもった夕食(ワイン付き)に感激。食事後の団欒時、おやじさんを交え明日の天気予想、明日は何とか回復が望めそうだ。この頃、風雨も一段と激しさを増し不安な一夜過ごす。


槍の穂先が見えたラッキー

 6時30分、雨は上がり曇り空、槍ヶ岳にかかるガスも取れはじめ、ディバッグで槍のピストン。岩稜の左手をトラバースし、ガラ場を渡り、待望の槍の肩に到着する頃には、空は雲が切れ青空があちこちに顔を出し始める(7:00)。一昨日からの雨で登山者の数は、お盆のピークとは思えない少なさに感激し、あこがれの槍の穂先目指す。登り降りの渋滞もなく雨で濡れた岩陵に足を取られないように慎重に登る.最後の登りでひょいと山頂に出る。山頂には小さな祠があり、10人ぐらいの登山者が360度の大パノラマを満喫している。穂高連峰、雲ノ平方面は晴れ渡り、ガスがかかっていた大天井、常念岳も青空が戻ってくる。大喰岳から中岳の稜線を雲が流れ、北アルプスの全貌が色鮮やかに再現され始める。展望では北アルプス随一といっても過言ではない。展望を満喫した後いざ下山、降り口で先頭の女性が立ち往生し渋滞、登りルートとは視線が違い下山ルートでは踏み出す足場が見えず高度感で足がすくんだのだろう。 確かに岩を両手でつかみ、体を岩の反対側へ投げ出すには、かなりの恐怖感がある。落石をおこさないよう注意し慎重に降りる。槍岳山荘前から前日下山をしたグループと無線連絡がとれ、徳澤園での再会を約して、ヒュッテ大槍へ戻り、荷物をまとめ槍沢へ(8:00)。

 槍沢へは小屋のテラスから道がつけられ、このルートを利用すれば槍沢の最後の水場の手前に降りられる。どんどん高度を下げ、傾斜が緩み右へ大きく曲がると水俣乗越からの合流点に出る。昨日は、雨の中を下山する登山客で賑わっていただろう。ナナカマドからダケカンバの中進むと、石積みの残る旧槍沢小屋跡に着く。樹林帯に入りしばらくすると槍沢ロッジに着き小休止(11:00)。

 ロッジを後に先を急ぐ。二ノ俣出合で橋を渡り流れに沿って降ると、一ノ俣出合に着く。道は平坦になり槍沢の豊富な水量と沢を渡る風が心地よいく、まもなく横尾山荘に出る(12:30)。涸沢、槍方面の基点になる山荘前は、天気も回復したためか、登山客でいっぱいだ。徳澤園までは林道を進むと、徳澤園に着く(1:00)。2日前に分かれたグループと再会、早々に宿泊手続きを済ませ、全員で2日間の報告会が始まる。

 リニューアル前の「氷壁の宿」徳澤園を知らないが、落ち着きのある贅沢感に浸り、山行の疲れを癒してくれる最良の宿として、日程のあるときは、穂高方面の最後の宿泊地にする。
槍ケ岳の登り 前穂高、奥穂高を望む
雲流れが美しい穂高連峰 常念岳
氷河公園を望む 槍沢から見た槍