第一日 | 第二日 | 第三日 | 行程山小屋ガイド | MAP



 朝食を済ませ、テントを片づける。テントは霜が解け、かなりの水分を含み重くなっている。今日は涸沢からパノラマコース経由上高地までの長丁場の一日になる。

 7時、ずっしりと重い荷物を担ぎ涸沢を後にする。ヒュッテの前を通り、左から登ってくる横尾谷の道に出て、すぐにパノラマコースへの道を分ける。登山道は北穂北尾根の山腹に着けられ、緩やかな登りでどんどん北尾根へ向かう。道には都会では珍しい霜柱をサクサク踏んで進むため、陽の当たる箇所は解けて滑りやすいので慎重に行動したい。北穂北尾根の山腹に付けられた道は狭く足場が悪く、至る所がガレていてすれ違うとき注意が必要だ。一度北尾根を乗り越し、やがて北尾根から屏風ノ頭へ続く稜線に出る。さすがパノラマコースの名に恥じない絶景が眼前に広がる。涸沢カール右半分に陽が当たり黄金色に輝いている。穂高連峰から大喰岳、槍ケ岳までがすべて秋色である。稜線をしばらく進むと、奥又白谷へ下る道と屏風ノ頭への登山道を分ける(9:00)。

 リックを分岐に置いて、サブバックにカメラを詰める。屏風ノ頭へは真っ直ぐ進み、ジグザグを急登する。30分も登ると、巨岩が重なり合ったピークにたどり着くが、そこは狭く10名程度で限界だ。よく見るとさらに先にピークが見える実際はそこが屏風ノ頭である。少し下って登り詰めたらピークに立てる。そこからは、穂高連峰を屏風に涸沢が箱庭のごとく、絶景に遭遇する。ここから写す穂高連峰は、迫力と優美を兼ねそろえた素晴らしい空間が記録できる。来た道を分岐まで戻り、再び重い荷物を担ぐ(10:00)。

 さあ、上高地に向けて下山だ。足もしには、梓川、と林の中にある徳澤園がよく見える。下山道はよく整備され危険個所もほとんどない。しかし、かなりの勢いで高度を下げるため、膝の関節への負担を極力避けるようにし、先を急がないよう行動したい。始めは、ジグザグの急降下か続くやがて灌木帯の中に入る。やがて慶応尾根の標識を過ぎる頃には、周りは、針葉樹林の中を歩く。再び急勾配の慶応尾根を下り、前方に沢筋が現れる。周りは明るくなり、奥又白谷に着き昼食にする(12:20)。

 奥又白谷上部には前穂高岳と茶臼ノ頭の間に奥又白池があり、そこから下ってくる道と合流する。しばらく右岸を下って、さらに沢を渡って右岸へ出る。勾配も緩くなり梓川は近い。よく整備された沢の護岸を足取りも軽く下っていく内に、梓川右岸の林道に出る(13:30)。

 林道を右に進み、間もなく梓川に架かる新村橋へ出る。梓川を渡り、左岸に出れば徳沢は、目の前だ。

 徳沢で小休止後(14:10)、明神・上高地へと向かう。上高地へは、1時間30分程度で着く。


屏風ノ頭から前穂を望む 屏風ノ頭から涸沢を望む