2000年10月6日〜9日、秋の燕岳へ登った紀行文
 今回の山行は総勢5名のグループで「のんびり秋色を楽しもう」を合い言葉に企画。
 したがって計画時からポイント間の行程をゆったりとり、
通常のコースタイムの1.5倍の予定を組む。
また参加者に登山が初めての人もおり充分楽しむことの出来る内容に心がけた。
行程、山小屋、地図は表銀座をご参照下さい

  
表記間違い等は、是非ご指摘下さいますようお願い申し上げます。


日 程
10月6日
19:30
新川町出発  (中央道「小牧東」→
長野道・豊科インター→穂高→中房温泉)
00:30
中房温泉 有明駐車場にて、車中泊・テント泊
10月7日
6:15
起  床  (朝 食)
7:15
中房温泉出発 (1462m)
7:55
第一ベンチ (1660m) (小休止)
8:40
第二ベンチ (1820m) (中休止)
9:40
第三ベンチ (2000m) (小休止)
10:35
富士見ベンチ (2200m) (中休止)
11:40
合戦小屋 (2350m) (昼 食
12:50
合戦小屋出発
13:20
2489m三角点
14:40
燕山荘着 (2680m) (宿 泊)
長野県松本市大手2-3-12
燕山荘事務所  TEL 0263-32-1535
燕山荘直通電話 TEL 0263-28-2020
http://www.enzanso.co.jp/
10月8日
8:00
燕山荘出発
8:40
燕 岳 (2763m) (大休止)
9:30
北燕岳 (2683m) (大休止)
10:00
燕 岳
11:00
燕山荘 (昼 食)
13:40
蛙 岩 (小休止)
15:00
燕山荘 (宿 泊)
10月9日
6:30
燕山荘出発
7:30
合戦小屋 (小休止)
8:20
富士見ベンチ (小休止)
9:10
第三ベンチ (小休止)
10:00
第二ベンチ (小休止)
10:50
第一ベンチ (小休止)
11:30
中房温泉(町営有明荘)着 (温泉)
12:40
中房温泉出発
14:20
そば処「常念」 (昼 食)
15:00
そば処「常念」出発
16:00
長野道・豊科インター(長野道→中央道「小牧東」)
20:00
新川町着


一日第二日第三日・第四日


10月6日

 19時過ぎ予定より15分遅れで出発。
 ワンボックスカーでの移動は、参加者の自宅を回り、21時頃、中央道「小牧東」のインターから高速道路をひたすら信州に向かう。連休前の平日とあって大型トラック、観光バスの姿が目立つ。途中、恵那峡サービスエリア、梓川サービスエリアでトイレ休憩をし、23時過ぎに長野道「豊科」インターを出る。

 大町市方面に向かい、穂高町から広域農道に移り中房温泉を目指す。穂高温泉郷から右折し、穂高中房線を登る。40分程で町営有明荘を右に過ぎて、間もなく登山者用無料駐車場に着く。深夜のため橋の手前にある駐車場に止めたが、駐車場は川を挟んで2箇所あり、橋を渡った所の方が広くて、登山口にも近い。

 男性用のテントを急いで幕営する。1400b付近のこの季節、気温は下がりスリーシーズン用の寝袋では寒いため、服を重ね着し休む。